18.12.07

電車男

昨日、友達に会いに行く予定があった。だけど、いつもの電車は(いつものように)動いてなかったから地下鉄で行くよりほかなかった。電車を乗った後、日本語を勉強しようを思った。だって、試験を受けたから、気が滅入っちゃったので、なかなか勉強やる気がなかった。かばんから本を出したら、すぐに後ろから「こんにちは」を聞いた。日本人だと思ったけど、後ろを振り向いたら、トルコ人の男が立ってた。正直に言えば、驚いた。そのトルコ人が日本語で「日本語を勉強している学生ですか」と聞いた。そして、会話が始めた。悪くない人だと思った。だけど、現実は、まったく反対だった・・

会話は普通の挨拶ぐらいを交わすから厄介な話まで早く変わった。「一緒に喫茶店に行かない?」って。「アイ・ポッド・タッチを買ってあげる」って。「僕はハクニーで公営アパートがあるから、好きなときに引っ越してもいいよ」って。

えっと・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

乗り換えたくなかったけど、すごく逃げたかったから「さよなら」と言って、降りた。だが、トルコ人も突然降りてしまった。
あ~あ。もういいっ!
「私はいまボイフレンドを会いに行くから携帯番号を教えてあげるから、いつか話しましょう」と英語で言って、間違えた番号を教えて逃げてみた。でもだめだった。まだまだつれていた。
もーーーーーーいい!!
B計画を変更しなくちゃ。B計画は群衆の中にあちこち飛べ回って逃げるものです。B計画はうまくいった。よかったーー だけど、30分も遅れてしまいました。それに、反対方向へ行く電車に乗っていました。:(

子供の頃、母は何と言ったんだっけ? 「見知らぬ人を話さないで!」
はーい。

ちょっともったいないけどね・・
彼の日本語は上手だし、なかなかハンサムな人だと思った。 人生はそんなものね・・・

I went to meet some friends yesterday, but the usual train was (as usual) not working so I had to take the tube. Once I boarded the train, I decided it might be a good time to study some Japanese. I havent studied much since the exam as I felt a bit down about it. But no sooner as I'd got the book out of my bag I heard a 'Konnichiwa!' behind me. I turned around, thinking it must be a Japanese person, so I was a little shocked to see a Turkish man smiling at me. "Nihongo wo benkyou shiteiru gakusei desu ka?" (Are you a student of Japanese language?) he asked in Japanese. He started a conversation with me and he seemed like a nice enough man. How wrong I can be...

The conversation went from normal polite greetings to another level. He kept asking me to go to a coffee shop so we can have a coffee together. Or maybe some lunch. He then kept saying that he will buy me an ipod touch and if I want to move into his council flat in Hackney I can, anytime. He vowed to look after me forever.
Erm...
yes....
I didnt need to get off the train but I wanted to escape so I got off the train politely ...only to find him following me. "I've got to go to meet my boyfriend now, I'll give you my number and maybe we can talk sometime" I said. So I gave him a random number out of the top of my head and left. But he was still clinging to my side. Maybe me giving him 'my' number gave him hope, I thought. Damn. So I took on plan B. Plan B never fails to succeed :) It involves going secretly crazy diving in and out of the crowds... I lost him. However, I was now very late for meeting my friends and also in a train going in the complete wrong direction....

What was it my mum told me when I was younger?
"Never talk to strangers"

Shame... His Japanese was pretty good and he was quite good looking...
C'est la vie...

7 件のコメント:

瞳 さんのコメント...

日本語でナンパするなんてすごいねびっくりした。
カレンはきっとかわいいんだろうな~。
今度日本に来たときは会えるといいね

setsu-san さんのコメント...

きをつけてね、、、男は、みんな狼よ、、といいますね、、、そうでないひともいますよ、もちろん、、、

masako さんのコメント...

はははー。
やっぱりトルコ人だね。
昌子の中でトルコ人はイメージがとっても悪いです。
でもハンサムならOKかな(笑)
出会いは大切にー★

see you next summer!

しゅきーと  さんのコメント...

カレン、ナンパされたんだ。
こわー、逃げてるのに追ってくるなんて、でもカレンの最後のコメントみたらおかしくなっちゃった。
でもかっこいいからってついていったらだめです!
突然だけど、明日(火曜日)ブリックレーンのvibe barのパーティーにいくけど、時間あったら来る??テキストくださいな。

milou さんのコメント...

トルコ人て日本人が好きな人が多いみたいです。中にはとても良い人もいるけれど、そういう強引なナンパは危険!
逃げることが出来て、本当によかった!
i pod touchを買ってもらってから逃げる!というのは悪い冗談(笑)

karekora さんのコメント...


私もイギリスにトルコ人が日本語でナンパするなんてびっくりした!
今度、東京に行ったら、あいましょうね!
(私はそんなに可愛くないだけど・・)

setsu-san
はは、分かりました:)気をつけます!

masako
>昌子の中でトルコ人はイメージがとっても悪いです。
イギリスにも、トルコ人がちょっと評判が悪いと言われますね。でもどこの国でも悪い人(&良い人)がいるね。
トルコ人が日本語で話せるなんてそんなにびっくりしたから会話を続いたかもしれない。 

しゅきーと
>でもカレンの最後のコメントみたらおかしくなっちゃった。
>でもかっこいいからってついていったらだめです!
ああー! 間違えた日本語を書いたかもしれない! そういうことを意味するつもりではなかった。ごめん! 
私が言いたいことは、もしそのトルコ人の性格が違ったら、(おかしくなかったら)付き合ってみたかもしれないってことですが、性格の悪い人だったから・・いやです!
とにかく、メッセージを送ります。

karekora さんのコメント...

milou
はは!:)そうですね! i pod touchを買ってもらってから逃げればいいかもしれない!(笑)